構造物調査

【鋼構造物】
鋼構造物の溶接部などの探傷を超音波測定器または浸透液剤を用いて試験します。日本非破壊検査協会認定のレベル2以上の有資格者による調査ができます。

 

超音波探傷試験(UT)

対象物を細かい超音波が伝搬し、内部にあるキズに反射する性質を利用し伝搬持間や受信時の大きさを測定して、キズの位置や対象物に対して垂直に入射させる垂直探傷法。
(たとえばボルトのキズなどの検出、キズがなければ長さが確認できる)
対象物に対して斜めに入射させる斜角探傷法
(主に、溶接部に使用される試験で、溶接に直接探触子を当てられないため、溶接部に沿って探触子を当て、溶接内部を確認する)
2種類の方法で対象物の内部欠陥を検出する。

 

浸透探傷試験(UT)

内部に存在するキズよりも、表面に開口する有害なキズを検出するのに最も優れた試験です。毛管現象を利用した方法で、浸透液を開口したキズに塗布すると内部へ浸透していきます。一定時間経過後、表面に付着している余剰浸透液を除去し白い現像粉末を吹きつけ再度浸透液を吸い出すことによりキズを拡大して見つけだすことができます。

  • カタログダウンロードはこちら
  • お問い合わせや、詳細な資料のご請求はお気軽に フォームへ
  • 構造物調査の有効性
  • コンクリート建造物調査
  • 鋼構造物調査
  • 超音波探傷試験
  • 浸透探傷試験

お問い合わせ

お電話の場合(9:00~18:00)土日祝休

0120-731-025 FAX 03-5430-5182

フォームでのお問い合わせ

  • 架台・防雪防振システム
  • 防音システム

ネミーエネルギーソリューションズ株式会社へ