ネミーのビジョン

誰を向いて、どんな仕事をするのか、を問い続けたい

ネミー株式会社 代表取締役社長 根上幸久(ねがみ よしひさ)
ネミー株式会社
代表取締役社長
根上幸久
(ねがみ よしひさ)

モノづくりをしていて思うことは、私たちは誰を向いて仕事をし、何をビジネスにしているのか、ということです。

私達ネミー株式会社は、1967年、架台メーカーとして出発しました。
空調機など機器類の家屋・建築物への設置を可能にし、かつ、それらが有する機能を最大限発揮できるようにすること。それが、脇役である架台の役割です。

私たちは、お客様である建築・設備関係企業様からご発注いただき、納品します。ですが、実際にその架台付きの機器をご利用になられるのは、生活者や様々な事業者のみなさまです。

エンドユーザーと向き合って仕事をする。企業間取引においては言わずもがなのことですが、ネミーは、この当たり前のことをこそ、大事にしたいと考えています。

  • ・設置する機器を安全に利用する為のサポート機能が備わっているか
  • ・建物や機器と調和したデザインになっているか
  • ・防錆など耐久性に優れ、長くご利用いただけるか
  • ・沿岸地区/寒冷地など地域特性に合ったラインナップを提供できるか

目線を変えれば自ずと提供すべきことは明らかになってきます。一つ一つ、それぞれのお客様のニーズにお応えする事ができる様、架台が果たすべき基本価値を磨いていく。また、そうした取組みを行う一方、ネミーは「防振対策」「防音対策」「防雪対策」といった付加機能サービスを開発、製品化することにも取り組んでいます。

都市化した日常に潜む「騒音・振動・雪害」といった住環境の負荷を取り除くことは、“新しい価値”であり、そうした世の中の役に立つと信じるに足る製品の開発・製品化にたずさわる事が出来るという事は、企業冥利に尽きる。といえます。

エンドユーザーの顕在的・潜在的なニーズにお応えできる製品をめざすことにより、私たちが提供できる価値の本質とは何なのか。そのことを集約した言葉が、コーポレートスローガンに掲げる「新しい快適空間を創造する」です。

「新しい快適空間」というキーワード=事業コンセプトを手に入れたことにより、太陽電池モジュール架台「PV-DyMO」の製品化、更には2009年11月 ネミーエネルギーソリューションズ株式会社(NES)を設立、太陽光発電をはじめとするクリーンエネルギーシステムをお客様に最適なかたちでご提供していく「太陽光発電システムインテグレータ」という領域にまで事業を拡げるに至りました。

“架台メーカー”から“ものづくりができる快適空間の提案型企業へ”

夢は広がるばかりですが、目線の向き先を見失わず社員一同と歩みを重ね、快適な社会の実現に貢献できることを願い、その実現に向け日々あくなき挑戦を続けてまいります。

皆さまからの一層のご支援、ご愛顧を賜りますよう、今後ともよろしくお願い申し上げます。